2019年8月の
今、最も「実質金利」の低い変動型住宅ローンは?

トップページ > 住宅ローン金利の基礎知識「住宅ローンの担保と保証人」


住宅ローン金利の基礎知識「住宅ローンの担保と保証人」


住宅ローン変動金利比較口コミランキングがご案内する住宅ローン金利の基礎知識。今回は「住宅ローンの担保と保証人」です。

>>>今月の住宅ローン変動金利比較・ランキング
 

「住宅ローンの担保と保証人」


住宅ローンは銀行から借入をしますが、そのお金は銀行のものではなく、預金者のお金から出ています。

皆さんが預けているお金を、住宅ローンとして企業や個人に貸し出しているわけです。

そこでもし、貸し出している企業の倒産や個人の破産などが起きたらどうでしょうか?そのお金はもう返ってこないわけですから、皆さんの預金に黄色信号がつきます。

それが赤信号にならないように、住宅ローンを融資する時には厳しい審査があるのです。

しかし、どんなに厳しい審査をしても、残念ながら、返済できなくなる人が一定の割合で出てきます。そこで、万一のことが起きたとしても、預金者に迷惑がかからないようにするために、銀行はあらゆる安全策(保全措置)を取っています。

それが担保や保証、そして保険です。

住宅ローンでは、購入する自宅が「担保」になります。

具体的には、抵当権の設定という登記をします。要は、いざという時は自宅を処分して返済にあてることを強制的に行なえるようにしているのです。

でも、その前にもっと簡単に返済ができる方法が、「連帯保証人制度」です。連帯保証人には、親族がなるケースが多いです。

月々の支払いに遅れが出たら、銀行はすぐにそれを保証人に支払うよう督促できます。資金繰りがきついのが一時的な症状であれば、何も自宅を処分しなくても、また通常の状態に戻れますからね。

保証人制度は、これはこれで有効な面があります。

しかし、住宅ローンでは実際には連帯保証人を取らないケースがほとんどです。親族が一時的に支えることは、保証の有無にかかわらず自然と行なわれるはずですし、いよいよ本格的に払えないとなれば、保証人がいても多額のローンの一括返済などそもそも望めないからです。

(続く)

参考にしてみてください。

具体的な住宅ローン金利を比較したくなったら、こちらの比較ランキングも参考にしてみてください。

>>>今月の住宅ローン変動金利比較・ランキング


(住宅ローン専門FP)

目次

トップページ
2019年8月の住宅ローン変動金利比較ランキング
各銀行の住宅ローン口コミ・評判はこちらから
来月の住宅ローン金利予想はこちらから
来月のフラット35金利予想はこちらから
住宅ローン金利の基礎知識
トップページ
2019年8月の住宅ローン変動金利比較ランキング
各銀行の住宅ローン口コミ・評判はこちらから
来月の住宅ローン金利予想はこちらから
来月のフラット35金利予想はこちらから