2019年10月の
今、最も「実質金利」の低い変動型住宅ローンは?

トップページ > 住宅ローン金利の基礎知識「125%ルールとは?」


住宅ローン金利の基礎知識「125%ルールとは?」


住宅ローン変動金利比較口コミランキングがご案内する住宅ローン金利の基礎知識。今回は「125%ルールとは?」です。

>>>今月の住宅ローン変動金利比較・ランキング
 

「125%ルールとは?」


変動金利のしくみを理解するには、いくつかのルールを知っておかなければなりません。

・125%ルール

さて、変動金利に関してありがたいしくみがもう一つあります。「125%ルール」です。

これは5年ごとの返済額見直し時に返済額が急激に上がってしまったとしても、これまでの返済額の125%を上限として、それ以上の返済額には引き上げないというルールです。

しかし、もう「ああ、よかった」などと思う人はいないでしょう。

5年ルールも125%ルールも、問題の先送りをしているだけです。将来収入が上がればなんとかなるという前提つきのしくみであることがわかります。

もちろん、今の時代でも年齢とともに収入が上がる場合もあるでしょう。

しかし、高度経済成長や所得倍増論といった昭和の右肩上がりの時代に作られたこれらのしくみは、今の時代に合わなくなってきていると見るべきでしょう。

(続く)

参考にしてみてください。

具体的な住宅ローン金利を比較したくなったら、こちらの比較ランキングも参考にしてみてください。

>>>今月の住宅ローン変動金利比較・ランキング


(住宅ローン専門FP)

目次

トップページ
2019年10月の住宅ローン変動金利比較ランキング
各銀行の住宅ローン口コミ・評判はこちらから
来月の住宅ローン金利予想はこちらから
来月のフラット35金利予想はこちらから
住宅ローン金利の基礎知識
トップページ
2019年10月の住宅ローン変動金利比較ランキング
各銀行の住宅ローン口コミ・評判はこちらから
来月の住宅ローン金利予想はこちらから
来月のフラット35金利予想はこちらから