2019年10月の
今、最も「実質金利」の低い変動型住宅ローンは?

トップページ > 住宅ローン金利の基礎知識「利息の返済よりも怖いもの」


住宅ローン金利の基礎知識「利息の返済よりも怖いもの」


住宅ローン変動金利比較口コミランキングがご案内する住宅ローン金利の基礎知識。今回は「利息の返済よりも怖いもの」です。

>>>今月の住宅ローン変動金利比較・ランキング
 

「利息の返済よりも怖いもの」


FPの私が言うのも何ですが、わが家の子どもが中学・高校生になり、びっくりするほど学費でお金が消えていくのを目の当たりにし、やっぱり学費はかかるなぁという実感を味わっています。

「家は人生の最大の買い物」なんて言いますが、教育資金も子ども2人で3,000万円くらいですから、家の値段と比べても遜色ありません。

「少子化」「デフレ」などと言われながら、就職難と不景気によって親の心配が増し、子どもの教育費につぎ込む、という構図を作り出し、子ども1人当たり教育費はうなぎ上りです。

この費用を取り返すかのように、インターネットで知った住宅ローンのおトクな借り方を鵜呑みにしてしまう。

しかし、ほんの数年後にこの夫婦は真っ青になります。DINKS時代の金銭感覚で家を買ったはいいものの、だんだん教育費がかかり始めるのに気づくのです。

以前は、いろいろなライフイベントが待ち受ける30〜50代の働き盛りに右肩上がりの昇給があって、転職でキャリアアップなんてこともありました。

しかし、これからの不透明な時代においてはいつ何時、収支が悪化するかわからないような事態が待ち構えています。

失業や病気療養があっても、子どもの教育費が増えても、多少金利が上がっても大丈夫なようにしておくという、積極的なローンコントロールが必要になってきます。生涯を左右するかもしれない分岐点において、お金の心配や将来への不安を抱えたまま 恐るおそるやっていくのか、そのような疑問や不安を解消して、楽しい住宅購入にするのかは、ほんのちょっとした知識の差なのです。

このほんのわずかな知識の差が、大きなライフプランの違いとなって表われてきます。

ローンの返済においては、利息などの損得を気にするよりも、資金繰りが悪化してしまうほうがはるかにストレスが大きいのです。

資金繰りに追われ始めたら仕事も手につかないでしょう。何より、夫婦聞がギクシャクする要因となります。

(続く)

参考にしてみてください。

具体的な住宅ローン金利を比較したくなったら、こちらの比較ランキングも参考にしてみてください。

>>>今月の住宅ローン変動金利比較・ランキング


(住宅ローン専門FP)

目次

トップページ
2019年10月の住宅ローン変動金利比較ランキング
各銀行の住宅ローン口コミ・評判はこちらから
来月の住宅ローン金利予想はこちらから
来月のフラット35金利予想はこちらから
住宅ローン金利の基礎知識
トップページ
2019年10月の住宅ローン変動金利比較ランキング
各銀行の住宅ローン口コミ・評判はこちらから
来月の住宅ローン金利予想はこちらから
来月のフラット35金利予想はこちらから