2019年10月の
今、最も「実質金利」の低い変動型住宅ローンは?

トップページ > 住宅ローン金利の基礎知識「小口の借入やカードの利用に細心の注意を払う」


住宅ローン金利の基礎知識「小口の借入やカードの利用に細心の注意を払う」


住宅ローン変動金利比較口コミランキングがご案内する住宅ローン金利の基礎知識。今回は「小口の借入やカードの利用に細心の注意を払う」です。

>>>今月の住宅ローン変動金利比較・ランキング
 

「小口の借入やカードの利用に細心の注意を払う」


さて、審査は年収だけで決まっていると少々粗っぽいことを言いましたが、実際にはあなたのお金に関する素行もチェックされています。

クレジットカードやカードローンの利用状況や返済履歴などです。

返済に遅れがある場合はもちろん、キャッシングの利用頻度などで審査に落ちることもあります。こういう情報を「個人信用情報」といいます(「個人情報」ではありません)。

あなたはカードの利用申込みの際に信用情報機関への情報登録に承諾をしています。いったん登録された情報は、相当の年月が経たないと消えません。数ヶ月もの返済遅れのようなケースは、情報が消えない限り、審査に多大な影響を与えます。

一方、1日だけの遅れや、キャッシングを一時的に利用したなど軽微なものは、時間の経過とともに審査対象にならなくなってきます。

しかし、軽微なものであっても、審査の数ヶ月前など直近の情報は、今後の返済に対する懸念材料と見られてしまいます。ですから、住宅の購入を意識し始めた時から、身ぎれいにしておかなくてはいけません。

住宅会社の営業マンも、銀行員も、あなたに割ける時間は限られています。どんなに会社の都合があるとは言っても、お客様のお役に立ちたいという精神を持ち合わせています。

であるならば、気持ちよくスムーズに手続きを進められる環境作り(本来は業者側がやることですが)に最大限注力することで、結果は大きく変わってくるということです。

私は、何度もそういう現場を見てきました。

(続く)

参考にしてみてください。

具体的な住宅ローン金利を比較したくなったら、こちらの比較ランキングも参考にしてみてください。

>>>今月の住宅ローン変動金利比較・ランキング


(住宅ローン専門FP)

目次

トップページ
2019年10月の住宅ローン変動金利比較ランキング
各銀行の住宅ローン口コミ・評判はこちらから
来月の住宅ローン金利予想はこちらから
来月のフラット35金利予想はこちらから
住宅ローン金利の基礎知識
トップページ
2019年10月の住宅ローン変動金利比較ランキング
各銀行の住宅ローン口コミ・評判はこちらから
来月の住宅ローン金利予想はこちらから
来月のフラット35金利予想はこちらから