2019年11月の
今、最も「実質金利」の低い変動型住宅ローンは?

トップページ > 住宅ローン金利の基礎知識「返済比率を下げる/収入合算」


住宅ローン金利の基礎知識「返済比率を下げる/収入合算」


住宅ローン変動金利比較口コミランキングがご案内する住宅ローン金利の基礎知識。今回は「返済比率を下げる/収入合算」です。

>>>今月の住宅ローン変動金利比較・ランキング
 

「返済比率を下げる/収入合算」


さて、収入を合算するということは、一緒に返済していくことが前提ですから、相手方も借主になる(連帯債務)か、もしくは保証人になるかのどちらかになります。

あるいは収入合算せず、それぞれが別のローンを組む(ペアローン)になります。

これらは銀行によって対応が異なります。配偶者からするとちょっと重たく感じるかもしれませんが、1人ではフル活用できなかった住宅ローン減税を、2人で控除することでフル活用できるチャンスが出てきます。

折しも消費増税のタイミングに合わせてローン控除が拡充されますのでむしろ歓迎すべきだと思います。

もし、夫婦で合算して年収600万円ならば、サラリーマンの平均年収が最も高かった平成9年の467万円をはるかに上回る世帯収入になります。

これこそが、十分返済可能なのに審査が通りにくいケースの典型的な例になります。

世帯年収は高くても、収入合算の制度が充実していない銀行ではローン審査が通らないということです。

(続く)

参考にしてみてください。

具体的な住宅ローン金利を比較したくなったら、こちらの比較ランキングも参考にしてみてください。

>>>今月の住宅ローン変動金利比較・ランキング


(住宅ローン専門FP)

目次

トップページ
2019年11月の住宅ローン変動金利比較ランキング
各銀行の住宅ローン口コミ・評判はこちらから
来月の住宅ローン金利予想はこちらから
来月のフラット35金利予想はこちらから
住宅ローン金利の基礎知識
トップページ
2019年11月の住宅ローン変動金利比較ランキング
各銀行の住宅ローン口コミ・評判はこちらから
来月の住宅ローン金利予想はこちらから
来月のフラット35金利予想はこちらから