2019年8月の
今、最も「実質金利」の低い変動型住宅ローンは?

トップページ > 住宅ローン金利の基礎知識「繰上返済には2種類ある」


住宅ローン金利の基礎知識「繰上返済には2種類ある」


住宅ローン変動金利比較口コミランキングがご案内する住宅ローン金利の基礎知識。今回は「繰上返済には2種類ある」です。

>>>今月の住宅ローン変動金利比較・ランキング
 

「繰上返済には2種類ある」


住宅ローンを借りた人の次の目標は、早く返し終わることです。

なかでも、繰上返済はローンのおトクな返し方の代表選手です。

繰上返済とは、一度に100万円など、まとまったお金を元金の返済に充てることです。

支払い利息は「残高×金利×期間」で決まりますので、繰上返済をすると、確かにかなりの利息軽減効果があります。

繰上返済には、「期間短縮型」と「返済額軽減型」の2種類の返済方法があるのをご存じでしょうか?

おトクという観点からすると、期間短縮型のほうが利息軽減効果が高くなります。

当初借入から1年後に100万円の繰上返済をした場合の利息削減額は、次のような差が出てきます(3000万円、35年、2.5%のケース)。

・期間短縮型の場合 : 136万円

・返済額軽減型の場合 : 48万円

手元の現金100万円を繰上返済に回すということは、下図のAの部分を一括で返済に回すということになるので、本来かかるはずの利息(斜線部分)を払わなくて済むことになります。



まさに、この部分がおトクになるというわけですね。

なお、繰上返済には一般に2〜3万円程度の手数料がかかりますが、最近では手数料無料の金融機関もあります。

(続く)

参考にしてみてください。

具体的な住宅ローン金利を比較したくなったら、こちらの比較ランキングも参考にしてみてください。

>>>今月の住宅ローン変動金利比較・ランキング


(住宅ローン専門FP)

目次

トップページ
2019年8月の住宅ローン変動金利比較ランキング
各銀行の住宅ローン口コミ・評判はこちらから
来月の住宅ローン金利予想はこちらから
来月のフラット35金利予想はこちらから
住宅ローン金利の基礎知識
トップページ
2019年8月の住宅ローン変動金利比較ランキング
各銀行の住宅ローン口コミ・評判はこちらから
来月の住宅ローン金利予想はこちらから
来月のフラット35金利予想はこちらから