2019年10月の
今、最も「実質金利」の低い変動型住宅ローンは?

トップページ > 住宅ローン金利の基礎知識「本当に安心して借りていい住宅ローン額」


住宅ローン金利の基礎知識「本当に安心して借りていい住宅ローン額」


住宅ローン変動金利比較口コミランキングがご案内する住宅ローン金利の基礎知識。今回は「本当に安心して借りていい住宅ローン額」です。

>>>今月の住宅ローン変動金利比較・ランキング
 

「本当に安心して借りていい住宅ローン額」


働き方や暮らし方が多様化してきているのに、ローンの審査基準は旧態依然として画一的な審査方法が取られています。

時代に対応できていない審査方法では、借りすぎを引き起こしたり、逆に全く問題ないのに借入ができないというミスマッチが起こってしまいます。

それでは、本当に安心して借りていい額は、どのように決めたらいいのでしょうか?

それは過去の数値に基づくのではなく、「未来の家計」がどうなるのかを予測して計算することです。

たとえば、2人目の子どもはいつ生まれるのか、育児休暇は取得するのか、その間収入はどうなるのか、2人の子どもにはどんな教育を受けさせたいのか、退職は何歳か、退職金制度はあるのか、公的年金は夫婦でいくらもらえるのか・・・などを予測するのです。

これによって、将来の収入の変化や支出の金額を計算することができますので、いくらまで返せるかが明確になります。

未来の収支から、借りていい住宅ローンの金額を計算すれば、購入対象の家が無謀な価格なのか、それとも単なる不安なのかがすぐにわかります。

なお、ライフプラン的には問題ないのに、ほんのちょっとした理由で審査に通らない人も多いと思います。

そんな時は、銀行が貸してくれる額を引き上げる方法を知っていればべ夕ーです。

住宅ローンの審査では、YESかNOの答えだけでなく、「いくらまでなら貸せる」という条件付きの回答があるからです。

審査の攻略法については改めてお伝えしていきます。

参考にしてみてください。

具体的な住宅ローン金利を比較したくなったら、こちらの比較ランキングも参考にしてみてください。

>>>今月の住宅ローン変動金利比較・ランキング


(住宅ローン専門FP)

目次

トップページ
2019年10月の住宅ローン変動金利比較ランキング
各銀行の住宅ローン口コミ・評判はこちらから
来月の住宅ローン金利予想はこちらから
来月のフラット35金利予想はこちらから
住宅ローン金利の基礎知識
トップページ
2019年10月の住宅ローン変動金利比較ランキング
各銀行の住宅ローン口コミ・評判はこちらから
来月の住宅ローン金利予想はこちらから
来月のフラット35金利予想はこちらから