2019年12月の
今、最も「実質金利」の低い変動型住宅ローンは?

トップページ > 住宅ローン金利の基礎知識「返済比率を下げる/借入金額を下げる」


住宅ローン金利の基礎知識「返済比率を下げる/借入金額を下げる」


住宅ローン変動金利比較口コミランキングがご案内する住宅ローン金利の基礎知識。今回は「返済比率を下げる/借入金額を下げる」です。

>>>今月の住宅ローン変動金利比較・ランキング
 

「返済比率を下げる/借入金額を下げる」


返済比率ですが、計算式はこうです。

・年間返済額÷税込年収

これが30%を超えると、審査は否決となります。この30%という数値は決まっているわけではありませんが、多くの銀行が30%または35%に設定しています。

返済比率を改善する対策について説明します。

1.借入金額を下げる

借入金額を下げるには、具体的には次のような対策があります。

・物件価格を下げる(郊外、駅からの距離、居住面積、中古など)

・頭金を多くする(親から贈与、保険の解約金など)


(続く)

参考にしてみてください。

具体的な住宅ローン金利を比較したくなったら、こちらの比較ランキングも参考にしてみてください。

>>>今月の住宅ローン変動金利比較・ランキング


(住宅ローン専門FP)

目次

トップページ
2019年12月の住宅ローン変動金利比較ランキング
各銀行の住宅ローン口コミ・評判はこちらから
来月の住宅ローン金利予想はこちらから
来月のフラット35金利予想はこちらから
住宅ローン金利の基礎知識
トップページ
2019年12月の住宅ローン変動金利比較ランキング
各銀行の住宅ローン口コミ・評判はこちらから
来月の住宅ローン金利予想はこちらから
来月のフラット35金利予想はこちらから