2019年12月の
今、最も「実質金利」の低い変動型住宅ローンは?

トップページ > 住宅ローン金利の基礎知識「営業マンはライフプランまで見据えてくれない」


住宅ローン金利の基礎知識「営業マンはライフプランまで見据えてくれない」


住宅ローン変動金利比較口コミランキングがご案内する住宅ローン金利の基礎知識。今回は「営業マンはライフプランまで見据えてくれない」です。

>>>今月の住宅ローン変動金利比較・ランキング
 

「営業マンはライフプランまで見据えてくれない」


さて、なぜ、住宅会社が立てる資金計画だけで判断してはいけないのでしょうか?

一つは、住宅会社の資金計画は、あくまでも購入するまでの計画にすぎないこと、もう一つは売り手側の都合が見え隠れすること、この二つが理由として挙げられます。

まず一つ目ですが、住宅会社の立てる資金計画とはこういうものです。

「土地2,000万円、建物2,000万円、諸費用400万円、合計で4,400万円が総費用です。この資金をどうやって用意しますか?」

たとえば、頭金300万円、親からの贈与500万円、残りが住宅ローンで3,600万円、合計で4,400万円になります。

そして、このローンに関して35年、元利均等返済、変動金利で計算された返済額が提示されます。すると、今の家賃と比べてどうかといった判断になってきます。

ローンを借りるには審査がありますが、それは、この返済額と昨年の税込年収がわかればおおよその見当がつきます。これで審査が通りそうなら、「買える」となって営業マンも一所懸命になります。

逆に、ここでローンが組めそうにないという見立てになると、営業の声のトーンが下がってきます。ですから、営業マンは自己資金と年収を最も知りたがるのです。

では、買えそうだとなった時、あなたのほうはどう感じるでしょうか?

「家賃並みの返済額だから大丈夫ですよ」とか、「金利は上がらないでしょう」と言われて信じられるでしょうか?

今は確かにその通りかもしれません。でも、子どもがもう1人増えるかもしれないし、教育資金も準備しなければなりません。金利だって35年も先のことなんてどうなるかわかるはずもありません。

どこの住宅会社でも、「資金計画が大事」と言います。しかし、そこで言う資金計画とは、購入者の将来のライフプランを考慮したものでなく、ローンが組めるかどうか、要は買える人かどうかの見極めをするのに使われるのです。

つまり、初回面談から家の引き渡しまでの超短期間の資金繰りでしかないわけです。

だから、いくら「ローンが組めます」「返せます」「大丈夫です」と言われても、生涯にわたってこの買い物が正しいのかどうかの答えにはなっていない、ということなのです。

(続く)

参考にしてみてください。

具体的な住宅ローン金利を比較したくなったら、こちらの比較ランキングも参考にしてみてください。

>>>今月の住宅ローン変動金利比較・ランキング


(住宅ローン専門FP)

目次

トップページ
2019年12月の住宅ローン変動金利比較ランキング
各銀行の住宅ローン口コミ・評判はこちらから
来月の住宅ローン金利予想はこちらから
来月のフラット35金利予想はこちらから
住宅ローン金利の基礎知識
トップページ
2019年12月の住宅ローン変動金利比較ランキング
各銀行の住宅ローン口コミ・評判はこちらから
来月の住宅ローン金利予想はこちらから
来月のフラット35金利予想はこちらから